鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。乗車記・乗車テクニック・鉄道ニュースなど。

【18きっぷ】魔の静岡を楽々横断!「熱海〜豊橋直通列車」で座席の心配ナシ

18きっぷの難所といわれて久しい*1横に長い静岡区間ですが、その辛さの一つが度重なる椅子取りゲームです。昼間の酷い時には沼津・静岡・浜松と3回も乗り換えさせられます。それを回避するための最もシンプルな手段が「直通列車を選んで乗る」ことです。この記事では、一般に”静岡区間”とされる熱海〜豊橋間を乗り換え無しで行ける素晴らしい列車をピックアップし、前後の乗り継ぎを示します。

 

f:id:tokyu2000_norurun:20190823210654j:plain

意外と縦にも長い静岡

 

※時刻は2019年度の平日ダイヤです。最新の時刻はご自身でお確かめ下さい。

※事前にお手洗いと飲料調達を済ませましょう

 

1.豊橋7時11分発→熱海10時21分着〜名古屋から東京方面へのベストアクセス!

  • 名古屋5時40分発*2[普通]豊橋行きで間に合います。
  • 豊橋の乗り継ぎがギリギリなので、間に合うのであれば1本前*3で到着すると安心。
  • 5時40分に間に合わないor寝坊した場合でも、名鉄名古屋6時8分発[特急]豊橋行きで間に合います。5時40分の電車よりタッチの差で早く着くので椅子取りにも有利になります。
  • 熱海では10時37分発の[普通]東京経由古河行に接続し、東京駅には12時28分に着けます。
  • 小田原では湘南新宿ラインの[特別快速]高崎行きに乗り換えられ、横浜駅に11時48分、新宿駅に12時19分に着けます。
  • 当日中に東北線方面は仙台を越えて北上駅まで、上越線方面は新潟まで行けます。

 

2.熱海12時56分発→豊橋16時17分着〜日中の静岡横断を快適に

  • 東京駅10時57分発横浜駅11時26分発[普通]熱海行きと接続はしていますが、僅か1分乗り換えなので1本前に乗ることを強く推奨します。
  • 東京駅10時47分発、横浜駅11時14分発の熱海行きに乗れば24分前に着けます。ピーク期間でなければ座れるはずです。
  • 新宿駅11時丁度発の湘南新宿ライン[特別快速]小田原行きで前者に、10時30分発で後者に乗り継げます。
  • 豊橋16時20分発の[新快速]大垣行きに乗れば名古屋駅に17時13分に着きます。
  • 大垣より先の米原・大阪方面へは1本後の[快速]米原行きを待つことになり、米原から[新快速]播州赤穂行きに乗り継いで大阪駅に20時13分に着けます。東京から大阪までたったの3回乗換で着ける素晴らしい乗り継ぎです。
  • 姫路で岡山行き最終列車に接続し、福山・高松・津山まで乗り継げます*4

 

3.熱海18時55分発→豊橋22時11分着〜東京から名古屋への帰りに便利!

  • 東京駅17時7分発横浜駅17時34分発の[普通]熱海行きから接続しますが、2分乗り換えなのでお勧めできません。
  • 1本前の東京駅16時57分発、横浜駅17時23分発の熱海行きだと安心。
  • 新宿駅17時丁度発の湘南新宿ライン[特別快速]小田原行きに乗れば、小田原で後者に追いつけます。
  • 豊橋では22時16分発の[新快速]大垣行きに接続し、名古屋駅に23時10分に着けます。
  • 米原・大阪方面までは行けません

※平日は沼津から「ホームライナー浜松」*5を使った方が快適です。浜松で名古屋直通の快速に接続し、名古屋駅に12分早く着けます。

 

4.熱海19時49分発→豊橋23時5分着〜真の名古屋行き終電!?<平日のみ>

  • 東京駅17時47分発の[普通]沼津行きから接続します。折角の沼津直通ですが、沼津まで行っても同じ接続になるので熱海から座席を確保しましょう。
  • 豊橋から名古屋行きの東海道線には間に合いません。23時9分発*6ので岡崎まで行けます。
  • 23時8分発[急行]名鉄名古屋行き最終電車がありますが、接続が取られる保証はありません
  • 乗り継げなかった場合は23時34分発[急行]鳴海行きで少しでも名古屋に近づくか、23時29分発新幹線ひかりで名古屋に行く*7かのどちらかになります。

f:id:tokyu2000_norurun:20190823210422j:image

*1:静岡は余裕※個人の感想です

*2:大垣5時丁度発

*3:名古屋5時29分→豊橋6時54分

*4:0時を過ぎてからの部分は別払いです

*5:沼津19時25分発→浜松21時05分着

*6:これ以降も1本あります

*7:当然別払いです