鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。乗車記・乗車テクニック・鉄道ニュースなど。

【18きっぷ×フェリー】東京〜札幌の普通列車移動を考える【北海道東日本パス】

東京から札幌まで安く行く方法のひとつが18きっぷですが、青函トンネルに新幹線しか通ってないため単独では北海道に行けません。そこでこの記事では、18きっぷとフェリーを組み合わせて札幌まで効率的に移動するルートを比較してみました。

1.青函フェリー(青森〜函館)〜36時間6,180円

f:id:tokyu2000_norurun:20190303094321p:image

(画像:青函フェリーHPより)

かつての国鉄青函連絡船を受け継ぐ航路で、とにかく最安値で渡道できます。お値段なんと1,440円*1から。18きっぷで道南を目指す際はほぼ確定でお世話になるでしょう。

ただ、函館から札幌まで丸一日かかるので道南以外には不向きです。

<モデルコース>

上野5:10

↓高崎線普通

(高崎・水上・長岡・新潟・村上・酒田・秋田乗換)

↓奥羽本線快速

青森22:18

↓徒歩30分orタクシー

青森港23:30

↓青函フェリー

函館港3:20

↓徒歩25分orタクシー

五稜郭8:23

↓函館本線普通

(長万部・倶知安・小樽乗換)

↓函館本線快速

札幌17:02

 

<費用>

  • 18きっぷ2日分:¥4,740
  • 青函フェリー:¥1,440~¥1,800

合計:¥6,180~

まあ…元気と時間のある人は頑張ってください…

 

2.シルバーフェリー(八戸〜苫小牧)〜25時間9,470円

f:id:tokyu2000_norurun:20190303094511j:image

(画像:シルバーフェリーHPより)

「なんか安いのはわかったけどさぁ、青函フェリーじゃ遅すぎてやってられんわ」と思ったそこのあなた!噴火湾をショートカットできるシルバーフェリーを使えば大幅に時間を短縮できます。ただ、盛岡から八戸までの間は第三セクターなので18きっぷは使えません。そこで便利なのが「札幌・盛岡なかよしきっぷ」。これは盛岡から八戸まで、苫小牧から札幌までの高速バスとフェリーがセットになっているお得なきっぷで、苫小牧から札幌までのバスが実質無料になる優れものでワープ費用が削減できます。

<モデルコース>

東京7:55

↓宇都宮線快速

(宇都宮・黒磯・新白河・郡山・福島・仙台・小牛田・一ノ関乗換)

↓東北本線普通

盛岡18:04

盛岡駅前18:25

↓岩手県北バス八盛号

八戸港21:05

八戸港22:00

↓シルバーフェリー

苫小牧港6:00

苫小牧港6:46

↓北海道中央バス

札幌駅前8:38

 

<費用>

  • 18きっぷ1日分:¥2,370
  • 札幌・盛岡なかよしきっぷ:¥7,100

合計:¥9,470

 

LCCも高騰する繁忙期*2でも常にこの値段で移動できるのは心強いです。これなら少し実用的な気がしますね。

※宮古と室蘭を結ぶ航路もありますが、値段はあまり変わらないのに30時間以上かかり、しかも北行きは夜行では無いのでいろいろ使いにくいです。山田線や室蘭本線の乗り潰し目的ならともかく、他は八苫航路が便利なので省略します。

<広告>

 

3.太平洋フェリー(仙台〜苫小牧)〜28時間7,940円

f:id:tokyu2000_norurun:20190303094839j:image

(画像:太平洋フェリーHPより)

以上の二つの航路さえ使えれば困ることは無いですが、もう一つ私が紹介したいのが太平洋フェリーです。日本一豪華なフェリーとして知られていて、格安移動とは一見縁遠いように思えますが、庶民の味方の雑魚寝席と運賃が半額となる早割があるため、実は安くで豪華な船に乗れ、普通列車の乗り継ぎも少なくて済む素晴らしい航路なのです。札幌に着くのはかなり遅くなりますが、その分東京をゆっくり出発できるので夜型の人間には向いてます。ただし、早割は28日前かつ先着5人*3までという厳しい条件をクリアしないと取れないので、予定が確定できない人は当日でも買えるシルバーフェリーを推奨します。早割キャンセルしても殆ど返って来ないし…

<モデルコース>

上野9:50

↓宇都宮線普通

(宇都宮・黒磯・新白河・郡山・福島・仙台乗換)

↓仙石線各駅停車

中野栄17:40

中野栄駅18:20

↓宮城交通バス

仙台港フェリーターミナル18:32

仙台港19:40

↓太平洋フェリー

苫小牧港11:00

苫小牧港11:46

↓北海道中央バス

札幌駅前13:38

 

<費用>

  • 18きっぷ1日分:¥2,370
  • 宮城交通バス:¥160
  • 太平洋フェリー:¥4,100(2等早割)
  • 北海道中央バス:¥1,310

合計:¥7,940

早割の制約は厳しいものの、時間と費用のバランスは悪くないです。2日に1回運航している新造船(新きたかみ)だと、豪華な設備が少し省略される代わりにこの値段で簡易寝台を使わせてもらえるようで、かなりお得です。

*1:1,600円からWebクーポンで1割引き。夏場は2,000円

*2:雪まつり期間やGWは使えませんが…

*3:増減はあります