鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。

【参宮橋停車】大晦日の「はこね72号」乗車記<町田→参宮橋>

前の記事

【1日1本】京葉線から東金線まで直通!「快速成東行」乗車記<東京→成東>

遅ればせながら明けましておめでとうございます。弊ブログを本年も何卒宜しくお願いします。

 

年越しを間近に控えた町田駅にやってまいりました。ここから乗車するのは小田急ロマンスカー「はこね」…ですが、今日の目的地は新宿ではなく参宮橋です!

f:id:tokyu2000_norurun:20190104083031j:image

小田急では終夜運転中でも急行は無い癖に容赦なくロマンスカーを走らせており、メインの片瀬江ノ島行きのほか大晦日の上り列車も設定されます。これは沿線から参宮橋駅近くの明治神宮への初詣需要を見込むもので、例年は本厚木発新宿行の臨時「ニューイヤーエクスプレス」として運行されて来ました。ところが、昨年春のダイヤ改正でほぼ同じ時間帯に定期「はこね72号」が設定されてしまったため、今回は臨時に列車を仕立てることはせず、代わりに「はこね」の臨時停車が行われることとなりました。前回までは主にLSEが使われていたものの、今回はVSEが使われ、参宮橋にVSEが停まるという貴重な光景が展開されました。このほか、定期スジ化に伴って新百合ヶ丘を通過する代わりに海老名に停車するようになりました。

小田急グループの日帰り温泉「箱根湯寮」の閉館時間に合わせて設定された*1ばかりのこの「はこね72号」ですが、普段は乗車率がかなり低いようで、2019年の改正ではその送り込みともいえる箱根湯本行「ホームウェイ」が小田原止まりにされると同時に廃止(or区間短縮)される可能性があります。まだ公式には発表されていませんが、はこね号の参宮橋停車はもしかしたら今年限りになるかもしれないと考え、今回の乗車に至りました。

 

町田23:02→参宮橋23:25

小田急小田原線 [特急]はこね72号 新宿行

町田駅のホームでは肉声放送で臨時停車の案内がなされていましたが、結局自動放送は流れず、更に電光掲示板にも臨時停車についての表示は無く、やや寂しい状態でした。やはり(一般の)利用者は多くないのでしょうね。それどころかマニアの姿さえあまり多くはなく、次回以降が思いやられます。おまけに「さがみ72号」と誤案内されてましたし。

乗ってみても密度が高いのは展望席だけで、町田からの乗客を足しても全体の乗車率は20%未満でした。車内の自動放送の方は抜かりなく対応していて、「参宮橋」の音源が初めて(?)日の目を見ることとなりました。

鶴川では回送のEXEを、新百合ヶ丘では各停を、そして登戸では急行まで抜かし、一度も前の列車につかえることなく複々線を軽やかにかっ飛ばして行き、祝賀ムードの参宮橋までは僅か23分で着いてしまいました。普段は絶対に停まらないからか、停車してから入念に停止位置と安全の確認が行われました。もっとも降りたのは殆どがマニア風でしたが…

f:id:tokyu2000_norurun:20190104083812j:image

当たり前ですが、ここから新宿までの乗車でもしっかり300円が徴収されます。

参宮橋に降りたのは前回の臨時特急の停車以来で、いかにこの駅に用事が無いか…そしてこの後も外に出ることなく新宿に向かったのでした…

ガラガラの参宮橋からの初詣は間違いなく穴場ですが、新宿から別運賃が必要で、更に本数の少ない各駅停車を待たなければならず、それをしたところでそこまで近くまで行ける訳ではありません。それなら多少混雑していても原宿か代々木が選ばれるのでしょうね。仕方無いことです。

次の記事

【国鉄型お座敷】臨時列車「伊東初日の出」乗車記<小田原→熱海>

 

ご覧下さいましてありがとうございました。

*1:これは私の推測に過ぎません