鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。乗車記・乗車テクニック・鉄道ニュースなど。

【多様なルート】大阪から松山まで色んな行き方を比べてみる【新幹線&バス】

大阪から松山までは、山陽新幹線と特急「しおかぜ」の乗り継ぎ利用が一般的ですが、実はもっともっといろんな乗り継ぎ方が存在します。以下では5通りの方法を紹介しますが、面白いことに全部所要時間が殆ど同じなのです。

※あくまでも机上論です。基本的に各交通機関の接続は保証されていませんので、乗り継ぎが成功するとは限りません。

f:id:tokyu2000_norurun:20190115182619p:image

※各交通機関ごとにターミナルはバラバラなので、(旧)松山市内の一番最初の下車場所までの所要時間を表示しています

Aコース:新幹線&特急しおかぜ(3時間42分)

3時間42分/8,230円〜

新大阪13:42

↓新幹線のぞみ27号

岡山14:27/14:35

↓特急しおかぜ15号

松山17:24

一番オーソドックスなルート。

 

Bコース:新幹線&瀬戸大橋バス(3時間44分)

3時間44分/8,530円〜

新大阪13:25

↓新幹線のぞみ107号

岡山14:14/14:30

↓伊予鉄バス マドンナエクスプレス

松山IC口17:09

岡山から松山や高知まではJR四国の特急を使うのが普通ですが、高速道路網の発達した四国では、高速バスでも特急とほとんど同じ時間で着くことができます。しかも特急よりも安いので、充分実用的ではないでしょうか*1

 

Cコース:新幹線&スーパージェット(3時間39分)

3時間39分/15,030円〜

新大阪15:08

↓新幹線さくら561号

広島16:34/16:40

↓普通 呉行

17:38/17:53

↓石崎汽船 スーパージェット

松山観光港18:47

瀬戸内海を橋ではなくで渡ってしまおうという今となっては斬新なルートですが、新幹線と高速船の速さのお陰で意外にも他のルートと同じ時間で着くことができます。橋の上からの景色も良いものですが、高速船で颯爽と海を駆け抜けるのも楽しそうです。

 

Dコース:新幹線&しまなみ海道バス(3時間42分)

3時間42分/10,120円〜

新大阪13:42

↓新幹線のぞみ27号

福山14:44/14:52

↓新幹線こだま745号

新尾道15:00/15:13

↓しまなみバス キララエクスプレス

松山17:24

しまなみ海道(尾道・今治ルート)で四国に上陸するルートその1。特急列車が通る瀬戸大橋よりも長い間、瀬戸内海の美しい眺めを楽しむことができます。松山まで利用する「キララエクスプレス」は福山始発なので、「のぞみ」から直接乗り継ぐこともできますが、新尾道まで新幹線で行くことで30分以上遅い便でも間に合うようになります。

 

Eコース:新幹線&しまなみ海道バス+しおかぜ(3時間42分)

3時間42分/10,300円〜

新大阪13:42

↓新幹線のぞみ27号

福山14:44/15:00

↓しまなみバス しまなみライナー

今治16:29/16:45

↓特急しおかぜ15号

松山17:24

しまなみ海道経由その2。先程挙げた松山行「キララエクスプレス」は今治から松山まで一般国道を走りますが、この区間には並行して特急「しおかぜ」も走っていて、バスよりも速いのです。それを利用し、今治行「しまなみライナー」に乗ると全く同じ時間、ほぼ同じ運賃で松山に着くことができます。実際にはどちらが先に着いているのでしょうか。

なお、「しまなみライナー」は新尾道駅には立ち寄らないので、福山で直接乗り換えます。


愛媛県産紅まどんな訳あり2kg

瀬戸内海を渡る交通が発達しているお陰で、この区間の移動には様々なバリエーションがあります。いつも行き来される方も、たまには違うルートを試してみてはいかがでしょうか。ただし、実行する際はくれぐれも乗り換え時間に余裕を持つようにしてください。

 

本日もご覧下さいましてありがとうございました。

*1:金券ショップで回数券のバラ売りを買えば両方同じくらいの値段になります