鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。乗車記・乗車テクニック・鉄道ニュースなど。

東急大井町線「Q SEAT」の宣伝いろいろ

サービス開始まであと4日となった「Q SEAT」ですが、徐々に各駅での宣伝が増えてきました。

f:id:tokyu2000_norurun:20181210125907j:image

(藤が丘にて)

オーソドックスな駅のポスターですが、オレンジ一色なのでかなり目立ちます。Q SEAT車両のサイドビューが下側に配置され、右上に「今夜は、座って帰ろう。」と手書き風の字体で書いてあります。利用を促すのみならず、「特別車両が付きました」という誤乗防止の広報の役目も果たしています。満員電車から吐き出された乗客を振り向かせることができるのでしょうか。

f:id:tokyu2000_norurun:20181210125850j:image

(青葉台にて)

改札窓口にも大きく張り出されています。左半分には白地にオレンジのロゴとサイドビュー、右半分には色が反転して「座って帰れる!」というメッセージと開始日が載っています。どうしても下のカレンダーの告知の方に目が行ってしまいます。有人窓口を通る乗客はかなり少ないので、効果も限定的でしょう。

f:id:tokyu2000_norurun:20181210130521j:image

(自由が丘にて)

今度は乗車駅側。上と同じ横断幕が上下線ホームの壁に張り出されています。すぐにでも利用者となり得る乗客にダイレクトに宣伝できるので効果は高いはずですが、田園都市線から大井町行きに乗り換えた乗客からは電車に遮られてよく見えない上、ホームで待っている田園都市線方面に向かう乗客からは遠すぎてよく見えません。その効果は如何なものでしょうか…

f:id:tokyu2000_norurun:20181210131433j:image

(田園都市線車内にて)

中吊り広告まで設置されました。混雑する車内でアピールすれば一番乗客の心に響くことでしょう。是非とも渋谷方面にも連結してほしいものです。

このほか、各駅で詳細な利用方法が書かれたリーフレットの配布も行われています。

 

当初は露出の少なさが指摘されていましたが、ここに来て急に広告が充実してきました。増発も含めて今後の展開に期待したいところです。

こんな記事も書いています

【本日デビュー】東急大井町線「Q SEAT」仕様車両・初日乗車記

 

ご覧下さいましてありがとうございました。