鉄路を駆ける日々

日本の鉄道旅行を楽しむ乗り鉄ブログ。乗車記・乗車テクニック・鉄道ニュースなど。

【ダイヤ改正2019】東京〜小倉間の18きっぷルートが復活!2,370円で九州に行けるのは今だけ!?

2019年春のダイヤ改正により、18きっぷでの東京〜小倉間同日乗り継ぎが再び実現します。

 

<2019/8/30追記:実際に行ってきました!>

www.myrailwaytravel.net

 

 

豪雨災害後の暫定ダイヤが終了

18きっぷ1日分で東京から九州を目指すこの乗り継ぎは、日本一おトクな使い方として親しまれてきましたが、一日をフルに使う際どい乗り継ぎなので、ダイヤの微妙な変更の度に可能になったり不可能になったりを幾度と無く繰り返していました。

はじめ、2018年度版のダイヤでは上手く繋がっていました。しかし、西日本豪雨で山陽本線をはじめとする多くの路線が被災し、長期の運転見合せを余儀なくされました。10月13日に柳井〜下松間が復旧したのを最後に山陽本線は全通しましたが、被災前とは異なる暫定ダイヤが設定されたため、この乗り継ぎは一時不可能になってしまいました。

そして2019年春のダイヤ改正では、この暫定ダイヤが終了し、正式なダイヤが設定されますが、完全に被災前に戻ったわけではありません。それでもこの乗り継ぎに関わる部分はほぼ以前と同等のものになります。これで8ヶ月振りに乗り継ぎの旅が実現します。

 

2,370円で九州に行けるのは今のうち!?

再び災害等が起きない限り、少なくとも今年度の間はこの乗り継ぎが維持されそうです。しかし、18きっぷ自体が10月に予定されている消費税増税に合わせて値上げされる可能性があるので、この値段で九州まで行けるのは今だけになりそうです。

 

2019年度版乗り継ぎルート

■東京

↓ 04:55〜05:04

↓ 横須賀線 久里浜行

■品川

↓ 05:10〜06:21

↓ 東海道線 小田原行

■小田原

↓ 06:22〜06:45

↓ 東海道線 熱海行

■熱海

↓ 06:49〜09:18

↓ 東海道線 浜松行

■浜松

↓ 09:24〜09:57

↓ 東海道線 豊橋行

■豊橋

↓ 10:02〜11:32

↓ 東海道線快速 大垣行

■大垣

↓ 11:42〜12:17

↓ 東海道線 米原行

■米原

↓ 12:20〜14:47

↓ 東海道線・山陽線新快速 姫路行

■姫路

↓ 15:03〜15:23

↓ 山陽線 播州赤穂行

■相生

↓ 15:25〜18:04

↓ 山陽線 糸崎行

■糸崎

↓ 18:29〜21:57

↓ 山陽線 徳山行

■徳山

↓ 21:59〜23:50

↓ 山陽線 下関行

■下関

↓ 23:51〜0:05

↓ 山陽線・鹿児島線 小倉行

■小倉

※品川5:10発へは山手線各駅・赤羽などからアクセス可能。

※真の最長ルートはおそらく品川0:04〜小田原泊〜横浜のように深夜0時台から使い始めるもの。ながら運転日は大磯から八代まで行ける。